TIME FRICTION PARTY ~淫らな天使達のイリュージョン

淫らな天使達のイリュージョン

1992年本木雅弘ツアー。渋谷ON AIR他

ビデオ収録曲
  1. CANT TAKE IT NO MORE
  2. LIGHT CAMERA ACTION
  3. DESERT LOVER
  4. BLUE NOTES
  5. 星空のスリル
  6. FEEL SO GOOD
  7. ベルベットイースター
  8. THE CRYSTAL
  9. 東へ西へ
  10. THE END
クレジット
MASAHIRO MOTOKI: Performance
HIROFUMI ASAMOTO(ram jam world): Keyboard&Bandmaster
NAOKI ITOH(ram jam world): Drums
KAZUYA TACHIISHI: Bass
SHIGEKAZU AIDA(ram jam world): Guitar
YUKIO NOGERA: Percussion&Backing Chorus
MIYUKI SUZUKI: Backing Chorus
SHINGO HIBINO: Sax
YOSHIO ARAMAKI: Acoustic Guitar

評価

評価の平均
(得票数 1)

Comments

1
WM@J 2005-08-18 (木) 00:00

カナリ過激。アルバム「D+F+M~東へ西へ」自体がかなり攻撃的なものだが、それに過去のアルバムから攻撃的なものを加えた核爆弾的構成。富家哲による CANT TAKE IT NO MOREから始まり、一気にTIME FRICTIONな世界に誘い込まれる。歌い手というより演者としてのライブパフォーマンス。後の紅白歌合戦での「事件」の伏線となるような仕掛けもあり、衣装担当の馬場圭介氏によるコスチュームとram jam worldの音に乗ってMOTOKIが弾けてます。

ダンサー達との絡みを見ると、ナルホドそういう世界のバックグラウンドがある人なのだと納得もできます。役者・本木雅弘しか知らない人に見せると、結構な反応があるとオモワレマス。ビデオのほうの編集もオシャレ。

あなたの感想、レヴュー等をお待ちしています

Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.