HODO

日比野克彦が4年間にわたって「週刊読売」に連載していたエッセイ(少年の頃の思い出、日常、身辺のことがらなどがテーマ)を元に、脚本を作り、舞台空間に展開した作品。

作・演出
日比野克彦
出演
本木雅弘
衣裳
ひびのこづえ
装置
日比野光希子

評価

評価の平均
(得票数 1)

この作品についての投稿がまだありません。あなたの感想をお待ちしています。

あなたの感想、レヴュー等をお待ちしています

Solve this simple math problem and enter the result. E.g. for 1+3, enter 4.