内田也哉子

Photo©  ONWARD Inc. and SPEEDSTAR RECORDS

内田也哉子 Yayako Uchida

1976年、父・内田裕也、母、樹木希林の間に東京で生まれる。 幼少の頃より、東京・ニューヨーク・ジュネーブ・パリなどで学ぶ。19歳で帰国し、本木雅弘と結婚。間に雅樂(ウタ)君、伽羅(キャラ)ちゃんが誕生。

1996年、自身の生い立ち、家族、本木雅弘との出会い・結婚生活等を綴った『ペーパームービー』を出版。独特の感性で紡がれた文体は、吉本ばななの再来と絶賛される。以後『会見記』、『親と子が育てられるとき』などを出版。語学力を生かし翻訳活動も行っており、『たいせつなこと』をはじめ絵本の翻訳も(本木雅弘も参加)。また、幼児教育に関する活動にも熱心で、講演活動等も活発に行っている。

さらにその才能は文筆のみにとどまらず、2004年渡辺琢磨率いる音楽プロジェクト「SighBoat」にボーカルとして参加、2007年には「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」で本格的な映画出演を果たし、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞している。